about

まじま歯科医院について

『今』だけの対応では無い、
“将来“の健康まで考えた包括的な歯科治療を行います。

当院が大切にしているのは、患者様の歯が10年後も15年後も長持ちするように守ること。そのため、ただ虫歯を治療するだけでなく「歯や顎が本来の機能を発揮できているか」など、口内を包括的に診断しています。また、歯は正しく機能するようになると、結果的に見た目も美しく整うもの。精度の高い治療により、患者様が機能的かつ美しい歯で健康に過ごせるお手伝いをしています。

まじま歯科医院の4つの特徴

FEATURE
01

綿密な資料採りを基にした診断

最新のレントゲンシステムと規格性のある口腔内写真を基に問題点をできる限り抽出し、どういった治療方法が良いのか一緒に画像を見てもらいながら、丁寧に説明をしていきます。また撮影した口腔内写真等の資料はメンテナンスのための大切な記録として蓄積されていきます。

FEATURE
02

院内感染予防への取り組み

ヨーロッパ規格で唯一「全ての形状の被滅菌物」を滅菌できるオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)とB型肝炎ウイルスなど耐熱性病原体を不活化するジェットウォッシャー(高性能熱水洗浄機)を用いて院内感染防止に努めております。

FEATURE
03

MEAWによる咬合再構成治療

噛み合わせを重視した全顎矯正を行なっております。機能的な噛み合わせを目指すと歯の並びも自然と整いますので、顎関節症などお悩みの方はご相談ください。マウスピースによる顎関節症の改善を目指す治療も行なっております。

FEATURE
04

新型コロナウイルス対策

毎朝次亜塩素酸水やe-3X高機能除菌水を院内で生成し、ユニットやスリッパ 、ドアノブなどの消毒を行なっております。他にも、歯科特有の粉塵が診療室に舞わないよう各ユニットに1台ずつ口腔外バキュームを取り付け、PM0.1すら捕集する医療機関向け空気浄化装置を天井に設置するなど新型コロナウイルス対策に努めております。

医院の案内

外観

白と黒を基調に、大きな窓を設けた医院デザイン。国道207号線沿いにある白石共立病院横の、「まじま歯科医院」と大きく記載された看板が目印です。

待合室・受付

大きな窓から日光がたくさん入り込む明るい待合室。次亜塩素酸水の噴霧器や空気清浄機を導入し、感染症対策を行っています。

治療ユニット

院内には仕切りのある半個室のユニットを3台、個室のユニットを1台用意。それぞれの間隔を余裕をもたせているため、ゆったりと治療を受けていただくことができます。

滅菌対策

患者様が不安なく治療に専念できるように、当院は滅菌対策・衛生管理に力を入れています。スタッフの衛生管理はもちろん、各治療器具の滅菌・消毒や治療時に出る粉塵への対策を徹底して行っています。

バリアフリー対応のフラットなデザイン

入口付近に階段などを設けておらず、医院内の待合室やトイレ、治療室の間もフラットになっているため、車椅子や足腰が不安な方でも使いやすい医院となっています。

11台分の駐車場

11台の車を停めることができる広い駐車場を用意。見通しを良くし、駐車場内の事故が起きにくいようにしています。